ファイナンス破産は止める説、する説、いろいろある。

我が国が20時期後にファイナンス破綻するという考え方と、増税するから破たんは控えるという考え方。
破綻するなら早急のうちに、早めにやっておくべきだと我々なんかはおもう。
ファイナンス破たんしたら、年金に頼って暮らしているクライアントと、身の回り父兄がまるで死ぬ。
日本にホームレスがあふれる。
ファイナンス破綻してもいいんじゃないかな。年金と身の回りフォローのリストラクションに至るなら。
そしていちからガラガラポンして、やりなおせば嬉しい。
環境技術は落ちておるだろうけれど、引き続き人口も掛かるだろうし、
我が国を出て行きたい若い人は、勝手に出て行けば嬉しい。
我が国はエリアに年配が住んで、おそろしい勢いで貧困国家にのぼる。
毎年、増税につぐ増税。各種ところからタックスが無くなる。
そして、所得税も年金掛け金も厚生年金も丈夫保険も、マジ昇る。
どうしても、40百分比近くの稼ぎを取られているのだけど、ビジネスマンは黙って従うしか無い。
節税もできない。
これが、60百分比ぐらいまであがって、消耗税は18百分比ぐらいまで出向くハズ。http://www.suburbanexpress.co/yosan/entry26.html