どうしょうもなく奥歯の痛みを感じたら親知らずが原因だった

先日、突然の奥歯付近の痛みに耐え兼ねて、歯医者に駆け込みました。全盛期には、奥歯でものが噛めないほど。少し前から、かすかな痛みは感じていましたが、ほっておいたら、強烈な痛みに変わりました。
行きつけの歯医者に行ったところ、親知らずが原因とのこと。
正確には、親知らずがあることにより、歯と歯の間に隙間が生じ、その間に食べかすが入ることで炎症が生じているとのこと。
また、ネットで調べると、その炎症は、喉にも広がることがあり、最悪の場合は、死に至ると。
すかさず、歯医者さんに紹介状を書いてもらう。あいにく、最近は、仕事も落ち着いており、休みは取りやすい状況。私の親知らずは、骨に埋もれており、歯医者では抜けない状況。口腔外科での抜歯が必要。
いざ、初めての口腔外科へ。改めて、レントゲンとCTスキャンを撮影。外科医から、親知らずを抜歯する場合のリスクの説明。最悪の場合は、味覚を感知する神経にダメージを及ぼす可能性があるとのこと。
ここで一旦躊躇。家に帰って考え直すことに。低金利 キャッシング